背中ニキビを作らないための対策

背中は顔などと違って、いつでも鏡にうつしたりしないので、ニキビができても気付かないことが多いです。
背中は、手入れもあまりしない場所でもあるので、背中ニキビができやすい場所でもあります。

 

特に夏は、汗をかきやすいので、皮膚が汚れやすくなり背中ニキビができやすくなります。
背中ニキビができてしまうと、とてもやっかいで、露出の多い服や水着をきると、ニキビが目だってしまいみっともないです。
ニキビがかゆくなることもあるので、とても辛いです。

 

背中ニキビ対策として保湿ケアが基本となります。
背中の皮膚を乾燥させると、肌の角質層のバリア機能が低下してしまい、かゆみがでてしまいます。
そのかゆみがニキビの刺激とあわさると、さらにかゆみが増します。

 

背中ニキビがかゆいからと、かき続けると雑菌がかいた傷跡に入り込み炎症を起こしてしまいます。
対策としては、寝る前に保湿効果の高い化粧品を使用して、十分に保湿することが大事です。

 

 


関連ページ

改善するために気をつけておきたいこと
背中ニキビを改善するために気をつけておきたいことについてご紹介します。
できてしまった時の対処法
背中にニキビができてしまった時の対処法をご紹介します。
おすすめのコスメ
背中ニキビがある時に使いやすいコスメ・オルビスクリアボディローションの特徴を解説します。
ケア方法いろいろ
様々背中のケア方法をご紹介します。